老犬フレンチブルドッグの癌(がん) ステロイド投薬から一週間後に起きた新たな問題

老犬フレンチブルドッグ ステロイド服用後は調子が戻った

我が家の老犬フレンチブルドッグ「ポチ」が
脳に3つの癌(がん)、つまり悪性腫瘍があると診断されてから一週間

ステロイドを毎日飲んでもらうのだが、
見た感じは調子がよくなってきている

ステロイド投薬の前は、
同時に患っている椎間板ヘルニアの影響もあるのか
ほとんど立ち上がれず、
匍匐前進(ほふくぜんしん)で徘徊する様子。

目はほとんど開かない状態で
肩でゼェゼェ呼吸をしている感じだった。

しかし、
ステロイド投薬後は、
我が家の老犬フレンチブルドッグもかなり会長に歩き出し、
多少の徘徊はあるものの
見た感じが元気なのが嬉しい

一週間後、
状態を診てもらうために
動物病院を訪問した

老犬フレンチブルドッグ 肝臓の数値が異常

血液検査をしてもらうと、
肝臓の数値が異常値だということがわかった

明らかにステロイドの影響だという

ステロイドは脳の癌(がん)にはどうしても続けたい、
ただ肝臓の数値がこれ以上上がるのは危険

仕方なしに、
これまでの半分の量の薬を与えることで
また一週間様子を見ようということになった




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする