老犬フレンチブルドッグの癌(がん)と介護。 薬を飲んでくれない!

薬漬けの老犬フレンチブルドッグ


我が家の老犬フレンチブルドッグのポチが
脳に癌を患っていることがわかってからしばらく、
薬の服用生活が始まっている

脳癌(悪性腫瘍)用にステロイド1錠
抗てんかん薬2錠
肝臓の負担を軽減する薬2錠

ここに脳の浮腫を取るイソバイドシロップと
下痢防止の整腸剤が加わって
もう薬だらけだ

ところで、
もともと我が家の老犬フレンチブルドッグのポチはグルメじゃない

何でもよく食べてた

ポチに食物ではないものまで食らいつく様子で
ポチのごはん選びには特に気を使うことがなかった

だが、薬を混ぜた時から、
急にグルメになった

正確に言うと、
薬の味がついた御飯を食べない

生意気な…

お前のカラダのためには仕方ないんだぞっ

と言っても、犬だから
そんなことは関係ない

まずいものは食べたくない

薬だけうまく舌を使って吐き出す技巧派な我が犬

奥さんや僕も
だましだまし薬を飲み込ませようと
食べ物の真ん中に隠して
そのまま飲んでもらおうとするのだが
こんな時だけ慎重なポチは
舌でごはんをかき分け、
薬がないか探り、
何と薬をよけてごはんを食べるのだ

上手く口の中に薬が入り込んだとしても
ぺっと吐き出す有様

こいつ、やりよる…

そうは言っても飲んでもらわないと困るので
匂いのきつい犬用のチーズなどに混ぜて
食べさせるのだが
これもいつまで続くものだか…

ネットで見つけた犬用の薬服用ゼリー

ゼリーに薬を包むと上手く飲んでくれる、
と言うことで注文してみた

僕の出勤中に家に届いていたようで
家に帰ってから奥さんに聞いてみた

犬用ゼリー、どうだった?

「ゼリー自体がまずくて食べない」

ぎゃふん

また別のごはんを考えてみよう




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする