老犬フレンチブルドッグの癌(がん) 脳に3つの腫瘍ができた

MRIの検査結果がでた。

結論を言うと、
我が家の老犬フレンチブルドッグ「ポチ」は癌(がん)を患ってしまったようだ。

しかも、
脳の3箇所に悪性の腫瘍があるという。

なんともやりきれない…

てんかんのような発作や、
徘徊も、
がん(悪性腫瘍)が原因の可能性があるらしい。

また、
脳には浮腫が確認され、
脳圧が高いので下げていくことも必要だという。

動物病院の先生の意見は、
”「ポチ」の年齢を考えると、
体力的に手術は難しい。
長時間麻酔をかけるのもリスクだ。
仮にまだ「ポチ」が若いころ
しかも腫瘍が1つ程度であれば
手術も検討したかもしれない”
というものだ。

放射線治療などの可能性もあるが、
治療ができる動物病院が限られていること、
かなり頻繁に通わなくてはならないことから
あまり現実的な選択ではないという

呆然とする奥さん

腫瘍はある程度覚悟していたようだが
3箇所の腫瘍となると
だいぶショックを受けているようだ。

老犬フレンチブルドッグのがん(悪性腫瘍)の治療

「ポチ」の今後のがん(悪性腫瘍)治療は、
薬による治療ということで、
脳腫瘍を抑えるためのステロイドの投薬と
脳圧を下げるためのイソバイドシロップを飲ませること。
それと、てんかんを抑える薬ももらった。

ちなみに緑内障にステロイドはよろしくないが、
脳とどちらに優先順位をつけるかといえば、
やはり脳だということで仕方がないという

ところで今回の検査で
脳脊髄液というものを採取された。
以上はなかったと言うことで安心だが、
その際、「ポチ」の後頭部らへんを
刈り上げられた。

こんな感じ。

あんまり雑に刈り上げられたので、
ちょっとだけ奥さんにも笑顔がこぼれた




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする